fc2ブログ

情報リテラシー論 『第12回13回14回』

横田秀琳先生の講義12〜14回までをまとめて書きたいと思います。
テーマは「消費税に連動のEC市場」「画像認識技術と流出問題」「デマとセキュリティ対策」です。


近年ではクレジットカードが普及し、通販などでも利用者が44%になっているなど、電子商取引における決済手段ではクレジットカードがもっとも多くつかわれています。
しかしインターネット上でクレジットカードを利用することに不安を感じている消費者が存在することも事実です。不安要因の一つとして安全性に不安を感じている人が多いことがあげられます。
今後さらに活躍されていくと思われる方法なだけに、セキュリティ面での強化が必要となっていくのではないでしょうか。

また今回CtoCについてのお話もしていただきました。消費税増税後、いわゆるフリーマーケットのように個人から個人へ物を売り買いするアプリなどが増えてきているそうです。
さらに、TwitterやFacebookで呼びかければ簡単に貰い手が見つかります。このように今ではネット上で簡単に売買が出来るようになりました。
わたしたちにとってみれば、消費税がかかることなく欲しい物が手に入ることでメリットばかりのような気がしますが、裏をかえせば売買があるのに消費税が国に入らないということにもなります。
先生はこのことによる国の対策の必要性と、資本主義崩壊の懸念について話されました。税金が集まらなくなり結果的に私たちの生活に深くかかわることでもあるので改めて考えてみる必要があると感じました。


次に画像の流出問題について。今や一眼レフがなくてもだれでも簡単に写真を奇麗に撮影することが出来るようになっています。
スマホのアプリで加工することによって元の写真の印象とはだいぶ変わった印象にすることができます。
またPhotoshopを使用する事でさらにその加工の幅を広げることが出来ます。
授業中に先生からピザが女性になるという動画を見せていただきました。言葉の通りピザの写真を加工することで女性の姿に変身させるというものでした。
先生は修正したならば修正したことを明記するべきだとおっしゃっていました。このように加工が誰にでも簡単に出来る事は表現の幅が広がる良い事だとは思いますが、デマの画像に騙されてしまうという可能性もあります。そのような危険性があるという事を頭に入れておく必要がありますね。
さらに、先生は写真をネットにあげる時点で漏れることが前提だと考えたほうが良いと教えてくださいました。加工がより簡単に出来るようになってしまった分、著作権問題について考える必要性もありますね。
続いて画像認識システムについてですが、Googleが画像の説明文書を自動再生する技術が開発されたとのことでした。写真に写っているものを認識できるそうです。さらにFacebookでは顔認識技術により写真で人物のタグ付けを自動で行えるようになるなど技術の進歩には驚くばかりです。


デマとセキュリティ対策について。HPにアクセスすると相手側からはIPアドレス、スマホかパソコンからアクセスしているのかなどが見れるようになっています。これによって私たちの個人情報が侵害されることはないそうですが少し恐怖を感じてしまいます。
しかし私たちはHPを運用している人のドメイン情報を調べることが出来ます。『aguse』というサービスです。こちらに調べたいHPのURLを入力するとそのサイトがブラックリストに載っているか調べることができます。通販サイトや怪しいと思ったサイトにはこのようなサービスを利用することで事前に危険を回避する事ができます。これからは有効的に使っていきたいと思いました。
さらにドメインを取得するときのポイントについて。ドメイン名は同じものは使用することができません。そのため空いているドメイン名を探す必要があります。
しかし使いたいドメイン名が見つかったとしても一度WayBackmachineというサイトで確認したほうがよいとのことでした。以前そのドメイン名を使っていたサイトの評判が悪かった場合、後に作成した自分のサイトもその影響をうけてしまう可能性があるからです。ドメイン名取得の際には気をつけたいです。
次に先生はパスワードを決める方法についてもお話してくださいました。
まず、英語と数字を混ぜて8文字以上(最低でも6文字以上)。生年月日や名前など本人から特定しやすいものは避けるなどです。パスワードは自分が覚えやすいものが一番ですが、あまりにも簡単なものは危険だということですね。
またFacebookによって起きうる恐ろしいお話も聞きました。なりすましです。Facebookの場合、表示される名前と写真が一致した場合本人だと信用してしまう可能性が高くなります。Facebookをしていない人はなりすましを防ぐため、リアルで繋がっている友人に「Facebookは絶対にしない」と言っておいたり、とりあえず自分のアカウントを作っておいたりするなどの対策が必要とのことでした。
このようなトラブルを引き起こさない為にもリアルでの繋がりをもっと大切にしなければと改めて感じました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR